PipRebateとは

海外FX業者は世界標準の厳しい規制もあり約定拒否やリクオートが無くフェアな取引が可能です。日本のFX業者では見られないような様々な取引銘柄を取り扱っていたり、プラットフォームも高機能なMT4が使えたりサービスの面でも充実していたりで魅力的です。しかし最小スプレッドに関しては国内FX業者の方が良いように見えます。

このスプレッドの差が気になっている方もいらっしゃるかと思いますが、実は海外FX業者でも実質的にタイトなスプレッドを獲得できる方法があります。キャッシュバックサイトを活用することで取引後にスプレッドの多くが払い戻されます。

このキャッシュバックサイトの中でお勧めのPipRebateを紹介します。

スプレッドを取り戻そう

スプレッドはインターバンクとFX業者の利益

通常FXでは取引手数料のようなものは明示的に払わないのですよね。ですが実際は取引を行うごとに手数料を支払っています。取引を行う瞬間に買値と売値とには開きがありますが、それがスプレッドでこの開きが手数料になっています。

日本のFX業者の場合はDD方式を採用している業者が多く、スプレッドが自社だけの利益で調節が可能です。

DD(ディーリングデスク)方式とは
DD(Dealing Desk)方式とかMM(Market Maker)方式とか言われていますが、マーケットメ&

一方で海外FX業者の場合はNDD方式を採用している業者が多く、トレーダーの注文はすぐにインターバンクに流れます。インターバンクもスプレッドで手数料を取っていますので、そこにFX業者も少し上乗せしてトレーダーに提示しそれで利益を得ています。

NDD(ノーディーリングデスク)方式とは
NDD(No Dealing Desk)方式のFX業者とはディーリングデスクがないFX業者のことで、FX業者が&

インターバンクでも価格変動が大きく取引をマッチングさせることができない場合などはどうしてもスプレッドが広がってしまいますが、基本的にインターバンクは非常に大量の注文を処理しているので、スプレッドといってもごくわずかで、それで十分利益を得ています。

spread vs revenue

スプレッドとFX業者の利益の関係

FX業者の利益の一部をキックバック

FX業者がスプレッドから利益を得ていますが、そのうち一部を返してもらうことが可能です。FX業者も広告宣伝のための費用を他の業者に支払っています。その形でPipRebateがキックバックを貰い、貰った分をユーザに戻すのです。

より規模の大きいキャッシュバック業者の方が、FX業者から強い立場に立てキックバックの額も大きくなり、ユーザへのレートもより高いものになります。

revenue to kickback

利益の一部がキックバックされる

FX業者を選ぶのが先か、キャッシュバックサイトを選ぶのが先か

キャッシュバックサイトは色々とあるのですが、一番大切なのはFX業者選びです。FX業者を選んで、そのFX業者と取引のあるキャッシュバックサイトの中から選ぶのが良いです。

FX業者選びが良く分からないようであれば、メジャーなFX業者はほとんどのキャッシュバックサイトでサポートされていますし、キャッシュバックサイトと取引を続けられているFX業者は優良だとも言えます。キャッシュバックサイトでサポートされているFX業者の中から選ぶというのもあります。

PipRebateに登録

PipRebateの登録は無料で入力する項目もごくわずかです。まずは下のフォームから登録を済ませてしまいましょう。海外FXだとキャッシュバックサイトを使っていないと絶対に損ですからね。

PipRebateからFX業者の口座を登録

登録はあっという間に終わり利用できるようになります。PipRebateのブローカーの口座の画面から自分が使っているFX業者を選択してアカウント番号などを入力して登録します。もちろんここから口座開設すれば自動的に登録できます。

あとは普通にFX業者で取引するだけで入金される

あとはFX業者で普通に取引していると、取引量に応じて毎月残高に入金されるようになります。残高がある程度貯まったら出金して、また投資に回したりできます。

海外FXではこのようにキャッシュバックサイトに登録することで、取引費用を大幅に抑えることができますのでぜひ利用してみてください。